BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. あくびって伝染するんですね

あくびって伝染するんですね

春らしい陽気を感じられるようになってきました。
日中は天気によりますが、それでも晴れた日はかなり暖かく、ぼんやりとしているとまさに春眠暁を覚えずという言葉が頭をよぎるほど眠くなってしまいます。

春の暖かい陽気の姓とは言え、なんとも言えない眠気に在宅ワークやテレワーク、勉強などに一生懸命集中しようとしてもふと気が緩んで、思わず大きなあくびが出てしまいがちです。

あくびって不思議ですよね、眠くなると思わず出てしまうのにあくびをしたからといって、眠気がなくなるわけでもありません。あくびが出るメカニズムについては、実はまだよくわかっていない部分も多く、酸素を取り込むためとか血流の増加を促進しているなど、諸説ありますが、実際のところどうなのでしょうか。

ちなみに、他の動物でもあくびをするのですが、犬のあくびは眠い時やリラックスしているときだけでなく、自信の緊張をほぐすためという説もあったりします。同じあくびでももしかしたら動物によって違う効果があるのかもしれませんね。

眠くなった時や犬の例で紹介した緊張しているときに自然と出てしまうあくびですが、これは自発的なあくびというそうです。文字通り、自信から発生するタイプのあくびなので、もっとあくびのメカニズムについて解析されてきたら、対処することで防ぐことが出来る可能性も高いと思います。

この自発的なあくび以外にも、反射であくびが出てしまうタイミングというのがあるのですが、皆さんはどのタイミングだかわかりますか。

例えば昼ご飯を食べた後の仕事や学業、ドライブ中の助手席や後部座席などで、強い眠気に襲われてあくびをしたとします。その時に一緒にいた人は、不思議とつられてあくびをしてしまいますよね。この現象を伝染性のあくびと呼ばれているそうです。

文字通り伝染するあくびですが、この伝染性のあくびについての研究結果が面白かったので紹介したいと思います。

あくびは人間に限らず多くの脊椎動物が行うのだそうですが、その中でも哺乳類に焦点を当てて研究しており、哺乳類の多くは人間と同じように、あくびを見て伝染性のあくびを行う習性があるのだそうです。

それだけでなく、紹介されていた研究では野生動物がのびのびと生きる南アフリカの野生のライオンを調査したそうです。ライオン同士の群れにおいて、伝染性のあくびをした2頭はその後お互いに強調した動きをしたのだそうです。

これによってあくびが、ライオン同士の連携した動きにも関係していることがわかったそうなのですが、あくび自体の働きが狩りなどの日常生活に、どういった影響をかまではよくわからなかったようです。家猫や野良猫のあくびにもおなじような効果があるのでしょうか。気になるところです。

ちなみにあくびは人と人や犬と犬、猫と猫の間でも伝染するそうなのですが、それ以外にも人と犬の間などの異種族間でも伝染することがわかっているそうです。さらに、飼い犬と飼い主の間では全く関係のない人と犬の間よりもあくびが伝染しやすいそうです。

家族としての意識や同調が関係しているのでしょうか。

授業中や仕事中にあくびが出てしまうと、あまり良くない印象がありますが、あくびは注意力を高めるらしいので、本当は集中力アップに良い行動なのかもしれませんね。学生時代など、授業中にいかにあくびを周囲に悟らせないか努力していましたが、思い切ってあくびをしてしまった方が脳には良かったのかもしれません。

外出自粛で自宅にいる時間が増えると、リフレッシュが難しく集中力も下がりやすくなります。そんな時にはまず整体で体のコンディションを整えてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

整体サロンEIRでは、コンディションを整える通常の整体だけでなく、感染症対策を目指せる整体も行っておりますので、おうち時間のリフレッシュにぜひご利用ください。