BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. あえてネットから離れた生活をすることも大切ですね

あえてネットから離れた生活をすることも大切ですね

9月も最後の週になってしまいました。9月も最終週を迎えると、もう夏も終わりだなという気持ちにさせられるような気がしますよね。

そんな夏の終わりを感じる9月ですが、今年はコロナ禍の影響もあって夏をどのように過ごしたか、少し落ち着いて振り返ってみてはいかがでしょうか。

特に、夏といえばバーベキューやキャンプなどの屋外レジャーが盛んなこともあり、自宅の庭先などを利用して、おうち時間でも簡単なキャンプなどを楽しんだという人は多いと思います。

そんな中、オンライン環境が発達して気軽にたくさんの人に向かって情報が発信できる今だからこそ、多くの人が気軽に自分の夏の過ごし方を紹介しているのが、ツイッターやインスタグラムなどのSNSです。

気軽に自分の現状を人の報告できるため、コロナ禍でも遠方にいる友人、知人に対して気軽に連絡できるツールであり、それ以上に見ず知らずの相手にも、自分の持っている情報を発信できるため、良くも悪くもニュースになることが多いです。

また、情報源と情報量の多さから、気軽な情報のやり取りだけでなく、最近ではSNSでの話題がニュースになるということも、かなり多くなっています。

使い方によっては便利な情報源となるSNSですが、実は学生や大人のいじめの場となったり、それ以外にも悪いことに利用されることもあるため、使う際はとても注意が必要なものでもあります。とはいえ、好きなアーティストや芸能人などの情報も発信されていたりと、今の情報中心の生活の中では中々切っても切り離せないものだというのも事実です。

そもそも、SNSやネットで情報を手に入れる一番身近なツールといえばなんでしょうか。

そう、スマートフォンです。最近では大人だけでなく子供も当たり前に持っていることが多いため、気軽に様々な情報を手に入れることができる反面、子供がオンライン上で危険な目に合うということも増えています。

その原因になっているともいわれるスマホですが、あえて触らないようにするというのも、これからの生活では重要になるそうです。

情報が大切になっている今、その情報のやり取りのツールとして一番普及しているスマホをどうして触らない方がいいのでしょうか。ちょっと不思議ですよね。

その理由について紹介しているニュースコラムがあったので、少し紹介したいと思います。

そのコラムによると、そもそもスマホで見ることができる情報というのは、通常スマホなしでは出会うことができない相手だったり、見ることができないあくまで仮想の情報が多いということでした。確かにネットニュースなどを見ていても、毎日情報が目まぐるしく変わっていますし、最近ではフェイクニュースも自分自身で見分けなくてはいけないので、隅々まで情報を集めようとするととても疲れてしまいます。

そこであえて、スマホを置き情報を得ない時間を進んで作り出すことで、疲れてしまった心を休めてあげるというのが、いいのだそうです。確かに、コロナ禍になってからは余計に、ネット上の情報を頼りにしてしまっている部分というのがあるように感じます。

だからこそ、あえてネットから離れて一度自分の身の周りの情報だけに集中し整理してみるというのも大切なのかもしれませんね。

毎日ニュースや動画などを見る時間というのは、特にコロナ禍になってからは急激に増えました。スマホを使う時間が増えると、同じ姿勢を続ける時間が増え体もコリやすく、歪みやすくなります。コリやゆがみが気になったら、ぜひお気軽に整体サロンEIRへ体のコンディションを整えにいらしてください。